石川慶子 プロフィール


1998年、早稲田大学サークル「フラメンコ集団VAMOS!」でフラメンコに出逢う。
バイレ(踊り)を安田光江氏、河野マヤ氏、石原理江氏等に師事。セビージャではアデラ・カンパージョ、アリシア・マルケス等に師事。カンテ(歌)は大木ユリ氏に学ぶ。
2002年より3年間、宮城県古川学園にて国語科教員として教鞭をとる。
2005年より5年間、愛知県加茂丘高校に勤務。
2008年より毎年渡西。
2009年、第5回 CAFフラメンコ・コンクール、ファイナリスト。
2010年、高校を退職、セビージャに長期留学。滞在中、述べ10回以上公演を行う。
2011年10月、一年半の留学を終え帰国。
2012年1月、ESTUDIO KEIKO 石川慶子フラメンコスタジオ設立。
同年8月、日本フラメンコ協会第21回新人公演において、奨励賞を受賞。
2013年、第7回 CAFフラメンコ・コンクール、ファイナリスト。
同年5月、フラメンコ舞踊15周年記念初リサイタル「A Solas Con Tu Piel」を行う。
同年6月、公益財団法人豊田市文化振興財団より文化新人賞を受賞。

2014年日本フラメンコ協会第23回新人公演内「第1回カンデ・デ・ラス・ミナス日本予選」において優勝。2015年のスペイン本選への出場資格を得る。

2015年8月、日本人初のセミファイナリストとして、ラ・ウニオンにて「第55回カンテ・デ・ラス・ミナス コンクール」の舞台に立つ。
 
愛知県豊田市出身・元高校教員。
現在は舞踊活動(愛知・東京・大阪)、教授活動(愛知・岐阜)で活躍中。